Vリーグ20周年〜未来につながる感動を〜 2013/14 Vリーグ

Vリーグ発足20周年記念特設サイト

SNSアイコンをVリーグ仕様にデコレーションして20周年を盛り上げよう!
Vリーグ Twitterアカウント
2013/14年 Vリーグ V・プレミアリーグ V・チャレンジリーグ 試合日程&結果

HOME > 20周年、Vリーグの歴史を今、振り返る

【2013/14 V・プレミアリーグ、V・チャレンジリーグ】20周年、Vリーグの歴史を今、振り返る

日本リーグの創設は1967(昭和42)年。以来、27回を数えた日本リーグから、新たな時代を切り拓くべく1994年12月17日、男女そろって第1回Vリーグとして新たなスタートを切った。2020年の東京オリンピック開催が決まった今、記念すべき20回目の開催を迎えると共に、これまでの19回に及ぶ大会を振り返り、そして今一度、未来へと目を向けてみよう。

  • 男子
  • 女子

第1回Vリーグ 1994-1995(平成6-7)年

レギュラーラウンド3位から勝ち上がり、サントリーが記念すべき初代王者に

日本リーグ時代から一転、外国人選手の出場が解禁となったことで、アメリカやロシアから総勢20名が日本へと集結して開幕を迎えた第1回Vリーグ。初代チャンピオンの栄冠には、サントリーが輝いた。最高殊勲選手賞に輝いたサムエルソンやレシーブ賞のブルーソー、ベスト6の佐々木らが活躍して、NECとの準決勝はフルセットまで持ち込んでの粘り勝ち。優勝決定戦では中垣内を軸にした新日鐵に第1セットを先取されながらも、その後は圧巻の強さを発揮し逆転で勝利した。

  • 第1回Vリーグ
  • 第1回Vリーグ
  • 第1回Vリーグ

第2回Vリーグ 1995-1996(平成7-8)年

アルーダ、大竹、金子らが結束し、寺廻NECが初の栄冠

寺廻監督の下、チームの大型化を図ったNECがレギュラーラウンドを1位で通過。決勝リーグでも、分の悪かったサントリーとJTに快勝した。最高殊勲選手賞のアルーダのほかにも、グリンバームといった外国人選手が加入し大型チームに爆発力を呼び込んだ。また、故障で楊が離脱した分も、ベテランの金子や大竹が全力でカバー。選手層の厚さに加えて、高さと安定感を発揮し、悲願のVリーグ制覇を成し遂げた。

  • 第2回Vリーグ
  • 第2回Vリーグ
  • 第2回Vリーグ

第3回Vリーグ 1996-1997(平成8-9)年

新日鐵が王座に、中垣内が獅子奮迅の活躍を見せる

開幕4連勝と好スタートを切った新日鐵が、結果的に混戦となったレギュラーラウンドをセット率の差で1位通過。一時はトアルド、中垣内が故障で戦列を離れたものの、司令塔の眞鍋やルーキー高橋の活躍など、豊富な選手層がチームを支えた。ドクターストップを押して復帰を果たした中垣内はその後も勝負強さを発揮。一発勝負の決勝戦でJTを下し、優勝をチームにもたらすとともに、みずからも最高殊勲選手賞を獲得して栄冠に花を添えた。

  • 第3回Vリーグ
  • 第3回Vリーグ
  • 第3回Vリーグ

第4回Vリーグ 1997-1998(平成9-10)年

中垣内を軸にチーム全体で安定した力を発揮し、新日鐵が連覇

新日鐵が決勝でNECを3-0で下し、貫禄の2連覇を成し遂げた。2年連続で最高殊勲選手賞に輝いた中垣内とゴリュチェフの2枚看板がずば抜けた破壊力で得点を量産。センター野々山の成長やセッター眞鍋の巧みなトスワークも光り、レギュラーラウンドから攻守に安定した力を見せ付けて首位で折り返すと、結局、ステップラダー方式の決勝戦でもNECを寄せつけなかった。

  • 第4回Vリーグ
  • 第4回Vリーグ
  • 第4回Vリーグ

第5回Vリーグ 1998-1999(平成10-11)年

レギュラーラウンドを辛うじて通過したNECが一気に頂点へ

若手とベテランが見事に融和されたNECが、決勝ラウンドで劇的な勝利を重ね、3年ぶりのVリーグ制覇を果たした。レギュラーラウンドを12勝6敗の4位で通過したあとは、順位決定戦で東レに敗れて窮地に追い込まれる。しかし、準決勝ではセンターの泉水を復帰させ、セッターにはリリーフで糸田を起用。苦しみながらもフルセットの勝利をものにすると、東レとの決勝戦でもファンダールミューレン、大竹、竹内らベテラン勢の活躍で着実に点を重ね、奥田や青木といった若手も要所で決めて、土壇場からはい上がっての逆転優勝を飾った。

  • 第5回Vリーグ
  • 第5回Vリーグ
  • 第5回Vリーグ

第6回Vリーグ 1999-2000(平成11-12)年

ラリーポイント制導入、サントリー黄金時代の幕開け

ラリーポイント制が導入され、テンポの速い試合展開から多くの熱戦が繰り広げられた。優勝したのはレギュラーラウンド3位のサントリー。ジルソンという絶対的なエースを中心に、全員バレーで混戦の決勝ラウンドを勝ちあがった。東レとの決勝戦でも、佐々木-朝日のセンター線を軸としたその勢いはとどまるところを知らず、最後は最高殊勲選手賞のジルソンがバックアタックを決めて、5年ぶりの優勝を果たした。

  • 第6回Vリーグ
  • 第6回Vリーグ
  • 第6回Vリーグ

第7回Vリーグ 2000-2001(平成12-13)年

ジルソンを軸に高いチーム力でサントリーが連覇

点取り屋のジルソンに、荻野のサーブレシーブ、朝日のブロック、佐々木のクイックといった個々の特徴をチーム力として生かしたサントリーが、2年連続3回目の優勝を果たした。開幕から8連勝と好調なスタートを切ると、後半戦も6勝3敗で切り抜けレギュラーラウンドを首位で突破。決勝戦でも最高殊勲選手賞のジルソンを中心に固い結束力を見せ、追いすがるJTを3-1で振り切った。

  • 第7回Vリーグ
  • 第7回Vリーグ
  • 第7回Vリーグ

第8回Vリーグ 2001-2002(平成13-14)年

混戦を抜け出し、ラストスパートを決めたサントリーが3連覇

四強チームが最終週まで1つも決まらないという、大混戦のレギュラーラウンド。3連覇を狙うサントリーは、前半戦を4勝5敗で負け越した。しかし、後半戦に入ると見違えるような強さを取り戻し、7連勝で滑り込みの四強入りを果たす。決勝ラウンドではジルソンが大車輪の活躍を見せ、見事3連覇を達成した。3年連続で最高殊勲選手賞に選ばれたジルソンは、最多得点とベスト6も4年連続で受賞。さらには、2年ぶりのサーブ賞にも輝いた。

  • 第8回Vリーグ
  • 第8回Vリーグ
  • 第8回Vリーグ

第9回Vリーグ 2002-2003(平成14-15)年

決勝ラウンドの強さが光るサントリー4連覇、ジルソンも4年連続最高殊勲選手賞

最後の最後で四強入りを決めたサントリーが、またも決勝ラウンドの短期決戦でその実力を発揮した。初戦はレギュラーラウンドで3連敗していたNECをストレートで退けると、続くJT戦でも4年連続最高殊勲選手賞のジルソンが次々とスパイクを叩き込み、あっさりと決勝進出を決めてしまう。拾ってつないでジルソンにつなげるパターンを確立したサントリーが、決勝ではJTのサーブレシーブを乱して一気に得点を積み重ね、3-1で4年連続のVリーグ制覇を達成した。

  • 第9回Vリーグ
  • 第9回Vリーグ
  • 第9回Vリーグ

第10回Vリーグ 2003-2004(平成15-16)年

どん底から頂点へ、運をもつかんだサントリーが奇跡の5連覇

奇跡の優勝だった。レギュラーラウンド最終日を迎え、前日に敗れて7位に転落したサントリー。残り1試合で、優勝に望みをつなぐ四強に進出するためには、まさに「運」が必要となる計算だった。そこで天はサントリーに味方した。豊田合成が最下位の旭化成に敗れ、東レがJTに敗戦。サントリーは松下電器を破ると、堺ブレイザーズがNECを倒し、滑り込みでの四強入りが決まったのである。雪深い青森の空港でその知らせを聞いたサントリーの面々があげた歓声は空港中に響き渡った。奇跡はさらに続く。準決勝ラウンドを勝ち抜いたサントリーは決勝でJTと対戦。短期決戦での素晴らしい集中力を見せたサントリーは、ジルソンの活躍もあって5連覇を達成したのだった。

  • 第10回Vリーグ
  • 第10回Vリーグ
  • 第10回Vリーグ

第11回Vリーグ 2004-2005(平成16-17)年

サントリーの連覇が遂にストップ、東レに初の栄冠輝く

開幕から20連勝を決めて一気に波に乗ったのは東レ。「総力結集」というキャッチフレーズの下、前年の入替戦の悔しさを胸に、チーム一丸となって苦しい練習を耐え抜き、“その日の調子がいい選手を使う”という、長い歴史を歩むトップリーグでも初めてと思われる矢島監督の采配がことごとくヒットした。その勢いのままに決勝戦へと進出した東レは、NECの速いコンビバレーに手を焼いたものの、アブラーモフを中心とした気持ちのこもったバレーで逆境を跳ね返し、2連勝。日本リーグ時代を通しても初めての国内リーグ制覇を果たした。

  • 第11回Vリーグ
  • 第11回Vリーグ
  • 第11回Vリーグ

第12回Vリーグ 2005-2006(平成17-18)年

最後まで続いた混戦を制し、堺ブレイザーズがクラブ化以降初の栄冠

サントリーは越川、ジョエルという2枚看板を武器にレギュラーラウンドを1位通過し、ファイナルラウンドでもNECを破って決勝進出。しかし、そこへ堺ブレイザーズが待ったをかけた。レギュラーラウンド終盤から内定選手の石島を起爆剤に得てチームがまとまり、レギュラーラウンド3位から決勝進出。決勝進出はまさに殴り合いの様相で、2試合ともフルセットの大熱戦となったが、レギュラーラウンド終盤の勢いを保った堺ブレイザーズが連勝し、新日鐵からクラブ化して以来、初めての優勝を地元・大阪で勝ち取った。

  • 第12回Vリーグ
  • 第12回Vリーグ
  • 第12回Vリーグ

V・プレミアリーグ男子2006/07(平成18-19)年

日本リーグからリーグ40周年、新しい時代のVリーグでサントリーが王座奪還

日本リーグ時代から40年目となる節目のシーズン。V・プレミアリーグとして装いも新たに生まれ変わった大会を制したのはサントリーだった。越川、荻野に栗原といった試合巧者に、エースのレオナルドもかみ合ってレギュラーラウンドから好走すると、競り合っていた東レとパナソニックをセミファイナルラウンドで下し決勝戦へ進出した。ファイナルではスタートでやや硬さも見られたが、辛抱強い戦いで東レの反撃を振り切り、3シーズンぶり7回目の頂点に輝いた。

  • V・プレミアリーグ男子2006/07(平成18-19)年
  • V・プレミアリーグ男子2006/07(平成18-19)年
  • V・プレミアリーグ男子2006/07(平成18-19)年

V・プレミアリーグ男子2007/08(平成19-20)年

セミファイナルの接戦を抜け出し、パナソニックがVリーグ初制覇

南部監督の率いるパナソニックがファイナルでも力を発揮し、念願のリーグ初優勝を成し遂げた。セミファイナルリーグ戦ではレギュラーラウンドを1位通過したサントリー、同じく3位通過の東レと2勝1敗で並んだが、わずかな差の2位でここを抜け出し、日本一を決める舞台へと進出。リベロ永野の好守から、サウスポーの山本や安定感のあるフォンテレス、最優秀新人賞を獲得した白澤らの攻撃で質の高いバレーを展開した。

  • V・プレミアリーグ男子2007/08(平成19-20)年
  • V・プレミアリーグ男子2007/08(平成19-20)年
  • V・プレミアリーグ男子2007/08(平成19-20)年

V・プレミアリーグ男子2008/09(平成20-21)年

「心技体知」整った東レが連続出場のファイナルで快勝、4季ぶりV

開幕から一戦一戦成長を続け、レギュラーラウンド、セミファイナルいずれも2位でファイナルへと勝ち進んだ東レ。堺ブレイザーズとのファイナルでは、ジュースの繰り返しとなった第1セットを奪い取ったあとも集中力が途切れず、ボヨビッチや篠田らが気合いの入ったプレーを展開、「心技体知」の整った戦いを見せてストレートでの優勝を決めた。東レは、この大会で史上初の男女アベック優勝を飾った。またこのシーズン後に、名門NECが活動休止に至っている。

  • V・プレミアリーグ男子2008/09(平成20-21)年
  • V・プレミアリーグ男子2008/09(平成20-21)年
  • V・プレミアリーグ男子2008/09(平成20-21)年

V・プレミアリーグ男子2009/10(平成21-22)年

セミファイナル以降負け知らずのパナソニックが堂々の優勝

最高殊勲選手賞の清水、そして同期の福澤という2枚看板に、ジョンパウロという強力なスパイカー陣をそろえ、ファイナルでも攻めのサーブからスタートダッシュを決めたパナソニック。宇佐美のトスワークもさえて堺ブレイザーズをそのまま押し切り、2度目のVを勝ち取った。なおこのシーズンには、天皇杯と黒鷲旗も制し、史上初となる国内三冠を達成。堺ブレイザーズや東レによる包囲網でもパナソニックの進撃は止められず、セミファイナルラウンド以降は無傷で勝ち続けるなど、充実したチーム力を誇った。

  • V・プレミアリーグ男子2009/10(平成21-22)年
  • V・プレミアリーグ男子2009/10(平成21-22)年
  • V・プレミアリーグ男子2009/10(平成21-22)年

V・プレミアリーグ男子2010/11(平成22-23)年

東日本大震災の影響を受けシーズン途中で中止、優勝は堺

レギュラーラウンドは混戦模様。昨季優勝のパナソニックもなかなか四強入りを確定できないまま、最終4レグも中盤戦に突入しようとしていた。一戦一戦の行方が戦況を大きく左右する。しかし、そんな最中の3月11日に起こった東日本大震災の影響を受け、その後のリーグ日程はファイナルラウンドを含めて中止となった。結果、3月6日時点の成績をもって最終成績とすることになり、19勝5敗でレギュラーラウンド首位を走っていた堺ブレイザーズの優勝が決定。最高殊勲選手賞は、堺の石島が選出された。

  • V・プレミアリーグ男子2010/11(平成22-23)年
  • V・プレミアリーグ男子2010/11(平成22-23)年
  • V・プレミアリーグ男子2010/11(平成22-23)年

V・プレミアリーグ男子2011/12(平成23-24)年

決勝戦で歴史的な名勝負を制したパナソニックに栄冠

2年ぶりの開催となったファイナルラウンド。決勝では、後世に残るようなパナソニックと東レの大熱戦が展開された。1、2セット目をわずかな差で奪い取ったパナソニックがそのまま押し切るかと思われたが、第3セットには東レがディフェンスからの驚異的な粘りで、最高殊勲選手賞を受賞した福澤らの猛攻をしのぎジュースへ。実に40点を超えてサイドアウトが続いたが、米山らの活躍でこのセットは東レが奪取した。結局フルセットにもつれこんだ末、気持を切り替えたパナソニックが何とか勝利。2時間半に及ぶ激戦を制して優勝を飾った。

  • V・プレミアリーグ男子2011/12(平成23-24)年
  • V・プレミアリーグ男子2011/12(平成23-24)年
  • V・プレミアリーグ男子2011/12(平成23-24)年

V・プレミアリーグ男子2012/13(平成24-25)年

総合力で上回った堺ブレイザーズがタイトル奪還

レギュラーラウンドでは2位のパナソニックを引き離してサントリーが独走。早々と1位通過を決めた。しかしセミファイナルではまさかの3連敗。2勝1敗で並んだ残る3チームのうち、ファイナルで優勝を争ったのは堺ブレイザーズとパナソニックだった。1セット目は川村や永野のレシーブからリズムを作ったパナソニックが奪ったが、セットを重ねるごとに堺ブレイザーズはブロックを機能させて逆転。最高殊勲選手賞ぺピチや、最優秀新人賞の千々木をカバーした伊藤の活躍も光って、3-1で勝利し優勝を飾った。

  • V・プレミアリーグ男子2012/13(平成24-25)年
  • V・プレミアリーグ男子2012/13(平成24-25)年
  • V・プレミアリーグ男子2012/13(平成24-25)年

Vリーグオフィシャルウェブサイト

  • トップ
  • 日程
  • トピックス
  • 結果
  • チーム
  • チケット
  • 公式記録
  • Vリ—グについて
  • ファンゾーン